移動平均線をチャート分析をするときに使うことが多いはずです。
初心者の方が始めに覚えておきたいテクニカル指標と言っても、過言ではありません。
移動平均線の事を調べていると、「パーフェクトオーダー」という言葉を目にすることがあるはずです。

パーフェクトオーダーとは、移動平均線の短期線・中期線・長期線のそれぞれのラインが、同一方向に並んで伸びている状態の事を言います。
上昇トレンドならばすべての移動平均線が右肩上がりに伸びており、下降トレンドでは反対の右肩下がりに伸びているという事です。
上昇トレンドは短期線の上に中期線、中期線の上に長期線がある状態です。
上昇トレンドのパーフェクトオーダーでは買いエントリーすることが基本で、反対に下降トレンドのパーフェクトオーダーでは売りエントリーすることになります。

パーフェクトオーダー発生時でも少しの相場変動があり、移動平均線が上下することがありますが、短期線・中期線・長期線の並びが変わらなければ、パーフェクトオーダーと言って良いです。
ですので、上昇や下降の角度が大きい場合には、パーフェクトオーダーの強さが計ることが出来ます。

パーフェクトオーダー発生を見極める

パーフェクトオーダーが発生しているときには、売買を積極的に行っていく事で利益を拡大できるチャンスです。
上昇トレンドなら常に相場が上昇している状態で、FX初心者でも買いエントリーすれば良いと気づくはずです。
しかし、パーフェクトオーダーに気づくことが遅いと、大きなチャンスを逃してしまうことになります。

「レンジ相場(もみ合い)の移動平均線は機能しない」の最後の方でも書きましたが、相場のもみ合い状態を抜けた後は、一方向へ相場が動いていくことが多いです。
その時にパーフェクトオーダーと言える状態になると言う事です。
なかなか相場を抜け出せない心理からの相場の上昇(下降)ですので、一気に進むことが多いです。

短期線はローソク足のチャートにすぐに反応し上昇へと転じますが、中期線・長期線は遅れて反応してくることになります。
もみ合い状態ですぐに短期線が上昇したから、パーフェクトオーダーになると判断する事は早く、中期線・長期線が上昇に転じてから買いエントリーしてからでも遅くないと思います。

さらに、上昇トレンドで買いエントリーするタイミングは「押し目」と言われる、中期線などに近づいたときが良いです。
買い増しする場合も同様になります。
あと、パーフェクトオーダーの傾向が強いと、中期線や長期戦にローソク足が届かない状態で反発することが多いです。
その状態では、近づいた時にでも買い増ししても良いです。
トレンドの傾向が強いと短期で利益を拡大出来るチャンスになります。