オススメポイント

  • オリコン「取引料・コスト」「初心者部門」第1位
  • 業界最狭水準スプレッドを実現
  • 高スワップポイント
  • 1通貨から取引可能
  • クイック入金は約380機関が対応可能
  • NOストップ狩り宣言

「SBI FXトレード」と聞くと、SBI証券のFX商品の1つと思われる方も多いかもしれませんが、それは違います。
さらに、私が使っている銀行口座の1つである、SBIネット銀行にもFXの商品があり、それもまた違うものになります。

SBI FXトレードは2012年5月30日よりサービスを開始している会社で、FX業界の中でもかなり後発組のFX会社と言ってもいいです。
しかし、後発組ながらすでに、他のFX会社と肩を並べるものになっています。

基本スペック
取引手数料 通貨ペア数 取引単位 初回入金
無料 12 1通貨 設定なし
ドル/円スプレッド マージンコール ロスカット 年齢制限
0.27銭(原則固定・1万通貨まで) 設定なし 証拠金維持率50% 満20歳以上

業界最狭水準スプレッドがすごい

SBI FXトレードの最大の売りであるのは、「業界最狭水準スプレッド」であることは間違いありませんし、このスプレッドの狭さにより、SBI FXトレードが人気になった理由になると思います。

実際に、2015年オリコン日本顧客満足度ランキングFX取引では、「取引料・コスト部門」で第1位に輝いており、これは前年に続き2年連続で獲得しています。
スプレッドは実質的な手数料と言えるコストになりますので、2年連続で第1位に輝くことは優れている証拠と言えるでしょう。

実際に他のFX会社でスプレッドの狭さを売りにしているところでは、米ドル/円スプレッドは原則固定0.3銭や0.4銭の間で提示している場合がほとんどです。
ですが、SBI FXトレードでは1万通貨までなら、米ドル/円スプレッドは原則固定0.27銭となり、さらに狭いスプレッドを提示しています。

米ドル/円スプレッド比較(原則固定)
FX会社名 注文数量
1~10,000 10,001~500,000 500,001~1,000,000
SBI FXトレード 0.27銭 0.39銭→0.29銭

2015年7月15日

0.58銭→0.48銭

2016年3月22日

DMM.com証券 0.3銭

米ドル/円スプレッド原則固定0.3銭の代表としてDMM.com証券と比較すると、以前は1万通貨まででしか0.3銭を下回らないスプレッドが提示されていました。
しかし、現在では注文数量が50万通貨までなら0.29銭となり、業界最狭水準のスプレッドと言えます。

さらに、50万通貨より多い注文数のスプレッドも以前より狭くなり、0.5銭以下の狭いスプレッドを実現しているところは、コストを抑えやすく納得出来る理由なのも分かります。
他の取り扱っている通貨ペアも、業界最狭水準スプレッドと言えます。

主要スプレッド(原則固定・2016年6月3日・1万通貨まで)
ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円
0.27銭 0.69銭 1.19銭 0.77銭
NZドル/円 スイスフラン/円 カナダドル/円 ユーロ/米ドル
1.79銭 2.39銭 1.79銭 0.48銭

他社にない「1通貨」から取引出来る

FX会社によって最低の取引単位が決まっています。
一般的に多いのが、最低1万通貨から取引開始出来るFX会社が多くありましたが、最近では1,000通貨から取引出来るFX会社も増えています。
ですが、SBI FXトレードでは1通貨から取引が出来るようになっており、他のFX会社にはない特徴があります。

1ドル=100円の取引をしたい場合に、1万通貨ではレバレッジ最大25倍で取り引きするには、4万円の必要証拠金になります。
1,000通貨なら10分の1になるので、4,000円の必要証拠金になります。
1通貨からの取引となると、なんと4円からの取引が可能になっています。

「4円からの取引なんて、意味ないのでは?」と思われる方も多いかもしれませんが、意外と役に立つ取引が出来ると思います。
1通貨のみの取引では、利益や損失は微々たるもので、正直な話あまり期待できるのもではありません。
しかし、実践的な取引する感覚を身につける為には、大変有効な手段だと言えます。

他のFX会社ではデモ口座を開設する事で、お金の用意をせずに取引をすることが可能です。
しかし、デモトレードですので、実際の約定力などは関係なくなってしまいます。
ですが、SBI FXトレードの少ない通貨での取引は、今現在のチャートの動きを予測しながら、SBIの約定力などを体験しながら取り引きすることになります。
さらに、本当に少額の資金だけになりますが、資金を出しているか出していないかは、意外と大きな差があります。

スワップポイントも期待出来る

スワップポイントは、2国間の通貨の金利の差によって生まれるものです。
スワップポイントは1日で大きな利益を出すものではないので、長期運用が基本となります。

各社のスワップポイントを比較すると、数円から10円程度の差しかありませんが、長期運用する事で大きな利益へと繋がります。
そのスワップポイントがSBI FXトレードでは、他のFX会社と比較すると高いことが分かります。

高金利通貨で有名な「豪ドル」「南アランド」で比較してみると、豪ドル/円では1万通貨で40円程度のFX会社が多い中で45円ほどになっています。
南アランドでは、110円ほどが多い中で130円ほどつけているところが、SBI FXトレードが高スワップポイントを期待できる点です。

注意点として、上記の通貨ペアでは買いエントリーでスワップポイントを受け取れますが、売りエントリーなら支払うことになるので、注意してください。

SBI FXトレードの詳細

取引の詳細
取引手数料 無料
取引単位 1通貨
取引時間 【夏時間】月曜日AM7:00~土曜日AM5:30
【冬時間】月曜日AM7:00~土曜日6:30
レバレッジ 25倍
通貨ペア 対円通貨ペア 米ドル/円・ユーロ/円・ポンド/円・豪ドル/円・NZドル/円・スイスフラン/円・カナダドル/円・南アランド/円・オフショア人民元/円(通貨ペア:9)
対円以外通貨ペア ユーロ/米ドル・ポンド/米ドル・豪ドル/米ドル(通貨ペア:3)
サポート体制 【電話】
月曜日~金曜日:9:00~17:00
メール
会社概要
社名 SBI FXトレード株式会社
所在地 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
設立 2011年11月
信託保全 三井住友銀行