通貨それぞれの価値によって、為替レートが上下することで、為替差益・差損が生まれて投資家の利益や損に繋がることは、一般的に認識されている投資だと思います。

しかし、FX取引では為替の上下以外にも、投資家の利益に繋がる仕組みがあります。
それが「スワップポイント」と言われる仕組みです。
初めての方では、まだ聞き慣れていない言葉かも知れませんが、FX取引を運営していくには重要になる項目になります。

金利の差がスワップポイント

各国の通貨には、それぞれ金利があることは知っているでしょうか?
通貨によって金利には違いがあり、通貨ペアを売買すると金利の差が発生します。
スワップ金利・スワップポイントと言われるものです。

その通貨ペアを持っている状態で、毎日の差分が投資家へ金利が受け取ることが出来ます。
ポジションを決済することなく、翌日に回すことを「ロールオーバー」と言いますが、ロールオーバーする旅に金利差を受け取る事が出来ます。

金利差は利益と損益の両方がある

通貨には日本円のように超低金利のものから高金利のものまで、幅広い金利の差があります。
さらに、FXでは買い(ロング)だけでなく売り(ショート)から入れる「空売り」というものもあるので、どちらから入るか・低金利と高金利の通貨ペア関係で、金利の受け取りになるか投資家が支払う方になるか変わります。

全てのスワップポイントが利益にならないので、注意してください。

金利差を受け取り・支払いの条件
条件
受け取り 低金利の通貨で高金利の通貨を買う
高金利の通貨で低金利の通貨を売る
支払い 低金利の通貨で高金利の通貨を売る
高金利の通貨で低金利の通貨を買う

金利損益もロールオーバーすると、日々増え続けるものです。

スワップポイントもレバレッジで利益拡大

FXの魅力の1つであるレバレッジは、少ない資金で始められる為に人気だけでなく、スワップポイントの利益拡大にも役に立ちます。

スワップポイントは口座に入れた証拠金の額に対してかかる金利ではなく、取引をした金額に対してかかってくるので、大きな金利差を生むことが可能です。

高レバレッジによる長期保有は危険

金利の差は超低金利の通貨と高金利の通貨でも、ものすごい利益をすぐに受け取れるとは限りません。
ましてや、少ないポジションで利益を大きくするには、さらに大変になります。

スワップポイントで利益を多くしていく方法は、長期的なポジションの保有になります。
スワップポイントを大きくするために、高いレバレッジを設定して長期保有する事は、大変危険な事になりやすいです。

為替も日々上下する事は分かっていると思いますが、少ないスワップポイントを狙ってポジションしていると、為替の変動で大きな損失になっている事が多いです。
さらに、高レバレッジでは尚更損失が膨れ上がっているかもしれません。

闇雲にスワップポイントだけに固執しない方がいいかもしれません。