初めてFX口座を開設して取引を始めようと思っても、FXのことをあまり分かっていないと、何をすればいいのか迷いますよね。
初めは通貨ペアを選ぶことから始めますが、どの通貨ペアが取引しやすいのかと考えてしまう方も多いはずです。

FXは2国間の通貨ペアで取引をするので、株のように多くの銘柄から選ばなくて良いので、選択肢は少ないです。
それでも日本円以外は、為替商品に手を出したことがない方では馴染みがあまりないでしょう。

FX初心者の方にオススメな通貨ペアを選ぶ基準は、「取引量が多い通貨ペア」を選ぶことから始めると、良いです。
取引量が多いとあまり急激な値動きを見せることが少ないので、慣れていない時の対応がしやすいと言えます。

反対に、急な値動きをする通貨ペアは、短期で利益を拡大しやすくて魅力のあると言えますが、なかなか初心者がいきなり相場の分析をしっかり出来る方は少ないです。
ある程度、相場の動きや取引への対応に慣れたから、相場の値動きが激しい通貨ペアに手を出していくことが良いと思います。

初心者向けな通貨ペア

取引量が多い通貨ペアが、FX初心者の方へオススメする通貨ペアと言えます。
その理由として、値動きが緩やかと簡単に言えますが、取引に参加する投資家も多く、その通貨ペアの絶対量が多いので、乱高下する影響を受けにくいと言えます。

多くのトレーダーが同じチャートを見てテクニカル分析を行っています。
テクニカル指標の種類は多くありますが、テクニカル分析通りに値動きがしやすいので、初心者の方も取引がしやすいと言えます。

あと、取引量が多い通貨ペアなどは、世界での情報量が多くて瞬時に情報が届きやすいと言えます。
対応もしやすく取引のタイミングを逃しにくいとも言えます。

初心者にオススメな通貨ペア
日本語表記 通貨コード 特徴
米ドル/円 USD/JPY 日本で1番人気の通貨ペア。世界的にも取引量が多く、値動きが緩やか
ユーロ/円 EUR/JPY 世界三大通貨のユーロと日本円の組み合わせ。常に日本取引量2位争いする通貨ペア。多少値動きが大きい。
豪ドル/円 AUD/JPY 豪ドルの金利は高い通貨でスワップポイントを得やすい通貨ペア。
NZドル/円 NZD/JPY 豪ドル同様、金利が高い通貨でスワップポイントを得やすい。レートが豪ドルより低いので、初心者でも取引しやすい。
ユーロ/米ドル EUR/USD 世界で一番取り引きされている通貨ペア。円を含まない通貨ペアで日本人に人気。少しだけ値動きが荒い

初心者に扱いやすい通貨ペアは断然「米ドル/円」の通貨ペアだと言えます。
値動きが他の通貨ペアに比べると、値動きが緩やかですので、対応がしやすいと言えます。
ですが、すこし利益をすぐに稼ぎたいと思っている方には、向かない通貨ペアと言えるかもしれません。

円(自国通貨)を含まないクロスカレンシーでは、ユーロドルが日本人にも大変人気で、世界市場で1番取り引きされている通貨ペアです。
色々な通貨ペアに影響を与えるユーロドルですので、ユーロドルのチャート確認は取引しなくても確認する必要があります。
特に、「ユーロ/円」の取引をされる時には、ユーロドルと連動して動く傾向があるので、確認は必須と言えます。

スワップ目的なら豪ドルかNZドル

2国間の金利差から貰えるスワップポイントは毎日受け取ることが出来ます。
高金利の通貨となるのは「豪ドル」「NZドル」になります。
豪ドル/円やNZドル/円を買いポジションを保有することで、スワップポイントを受け取ることが可能です。

スワップポイントのFX取引は長期保有がメインになりますが、かなりの円安から円高に進んでいるから売りエントリーから入ると、スワップポイントは支払うことになるので注意してください。

売り(ショート)でスワップを受け取る場合

買いポジションだけがスワップポイントを受け取れる訳でなく、売りポジションを保有してもスワップを受け取ることも出来ます。

売りでスワップを受け取る方法は、決済通貨(スラッシュの右側)の方が高金利の通貨となる通貨ペアです。
通貨ペアの右側と左側は入れ替えることは出来ませんので、上の豪ドル/円ではダメです。

右側の主軸通貨が低金利となる通貨ペアは、「ユーロ/豪ドル」「ユーロ/NZドル」などが良いと思います。
ユーロも日本円と同じ超低金利通貨と言えます。
補足ですが、2016年現在では日本円よりも金利が低いので、ユーロ/円の買いポジションはごく僅かですがマイナススワップが発生します。