トレンドラインの引き方」で解説したトレンドラインを引くことで、様々なメリットがあり、FX取引を有利に進めていくことが可能です。
そのトレンドラインには、「サポートライン」と「レジスタンスライン」と言われる2つのラインに分ける事が出来ます。

サポートラインの解説と見方

サポートラインとは、チャートの安値を付けている点を2つ以上結んだ線の事を指します。
安値を下から支えており、これ以上下がりにくい事を表しているので、サポートラインと言われる理由です。
トレンドライン(上昇)
チャートが常に上昇傾向にある上昇トレンドで、このサポートラインを引くと「上昇トレンドライン」と言われ、買いエントリーをする判断材料の1つに出来ます。

上昇トレンドラインは、何点で結んでも良いのですが、その上昇トレンドライン付近でその後も反発する事が予想出来ます。
3点以上で結んだラインは、信頼性も高いと判断出来ます。

レジスタンスラインの解説と見方

レジスタンスラインとは、高値と高値を結んだラインの事を言います。
レジスタンスは「抵抗」という意味があり、なかなか高値を更新しない抵抗線と言えます。
下降トレンドライン
このレジスタンスラインを下降トレンドで引くと「下降トレンドライン」と言われる線になります。
なかなか高値を更新しない線ですので、売りエントリーをする際には、大変有効なラインと言えます。

トレンドラインのブレイクポイント

上昇トレンドは常に上昇や下降トレンドは常に下降する事はなく、いつかはチャートが反転してくるポイントがあります。
それを「ブレイクポイント」と言います。

上昇トレンドラインであるサポートラインがあり、常に上昇傾向にあっても、サポートラインを明確に下回るローソク足が出現してきます。
そのローソク足以降から反転し、下降トレンドへの転換する可能性はあり、ブレイクポイントがそこであると言えます。

しかし、上昇中でもラインを下回る事がありますが、その後反転せず上昇することもあります。
ブレイクしたと判断して売りエントリーをする事もありますが、早い判断は損失へ繋がってしまう事も予想出来ます。

しっかりローソク足のヒゲではなく実体が、ラインを抜けてからや離れてから売りエントリーしても良いと思います。

反対に下降トレンドラインのレジスタンスラインでも、同じ事が言えます。
レジスタンスラインを明確に上回って、上昇トレンドへ反転してから買いエントリーをすることで良いと思います。

売買のエントリーだけでなく、決済ポイントとしても同じ事が言えますので、「まだまだ上がる」「下がる」と明確な判断材料がないのに、期待で判断せずに、ブレイクポイントも1つの判断材料としていきましょう。