FX取引をしていく上では、様々なテクニカル指標を参考にすることになると思います。
しかし、初心者の場合ではテクニカル指標の見方や使い方が分からず、FX取引をしていく上で混乱してしまう方も多いはずです。

そういった場合には、「トレンドライン」と言われるチャートに線を引いていくことが重要になります。
慣れてくればテクニカル指標を参考にすれば良いですが、合わせてトレンドラインも攻略の1つの指標とすると、大変有効なものになります。

トレンドラインとは簡単に説明すると、ローソク足のチャートの山とされる「高値」を2本以上結んだ線や、谷とされる「安値」を2本以上結んだ線の事を言います。

トレンドラインを引いてみよう

トレンドラインを引く上で、どのチャートを選べば良いのか分からない方も多いと思います。
チャートには分足・時間足・日足・月足など、多くの時間軸がありますが、どのチャートでトレンドラインを引いても大丈夫です。

安値は安値同士、高値は高値同士で結ぶことになります。
そこで気になるのが、「ローソク足のヒゲは含むのか、含まないのか?」と疑問に思うでしょう。
実際には、投資家によってヒゲを含むか含まないのかは、変わってくるので正解はありません。
トレンドライン(上昇)

さらに、トレンドラインは1本だけという事ではありません。
ラインを引く投資家によって変わってきますが、多くの投資家が引くであろうラインを引くことが、大変重要になってきます。
トレンドライン(下降)

長期チャートがより良い

最初の方で言いましたが、分足など短いチャートでもトレンドラインを引く事は、有効と言いました。
しかし、分足なども短期チャートで引かれたトレンドラインは、変動が激しくラインを引くこと自体が難しく、すぐにラインを超えてしまうことなります。

さらに、高値同士・安値同士を結ぶ多さによっても、そのトレンドラインの信頼性が変わってきます。
2点より3点、3点より4点と増えるごとに、トレンドラインの信頼性は高まります。

トレンドラインを引くメリット

初心者がチャートを眺めているだけでは、そこにどのような動きや力が加わっているか、判断しづらいものです。
そこで、トレンドラインを引くことによって、トレンドが発生しているか、上昇トレンドか下降トレンドかなど分かりやすくするメリットがあります。

さらに、いつ取引を開始すれば、より多くの利益を上げやすいかのキッカケ作りにも繋がります。

  • トレンドの有無が分かる
  • 現在のトレンドが上昇か下降か分かる
  • 売買のタイミングの目安が分かる

最後に書いた売買のタイミングは、自分で引いたトレンドラインに達し時に、買いエントリーや売りエントリーに入る目安にもなったり、取引量を増やす目安にもなります。

さらに決済する場合にも、トレンドラインを超えてチャートが反転している事が明確になり、決済する目安に繋がります。