「天井圏で見られるチャート」では、上昇トレンドであったものが天井圏で見られるチャートの動きによって、その後下降に移行する基本の形を紹介しました。

その下降トレンドが、その後は底値付近で買いのサインと言える特徴的な動きをすることで、FXで利益を拡大していく取引が可能になります。

初心者などで、まだFXに慣れていない方では、この底値付近の予想が出来るようになっていると、買いから入る流れにスムーズに入っていけるはずです。

インバース・ヘッドアンドショルダー

インバース・ヘッドアンドショルダーは、ヘッドアンドショルダー・ボトムや逆三尊などと言われる事もあります。
どういったチャートの特徴があるかというと、簡単には3つの谷から出来るチャートです。
1つ目の谷より2つ目の谷の方が深く沈み込み安値を付け、その後3つ目の谷は2つ目よりは高い底値を付けます。

天井圏で見られるヘッドアンドショルダーの逆となります。

2つ目の谷まで下降していく勢いが衰えていなく、3つ目には少し上昇傾向に向かう兆しがあるので、その後の買いへのサインと捉えることが出来ます。
あくまでも下降トレンドの底値圏での動きになり、保合いの状態ではありません。

しっかり底値だと判断出来て、上昇傾向に転じているネックラインを超えてから、通貨ペアの買いへ入るようにしましょう。
頻繁にインバース・ヘッドアンドショルダーを見ることはないと思いますので、この動きを見ることがあれば、買いをする事で利益を上げることに繋がる可能性はかなり高いと言えます。

トリプルボトム

インバース・ヘッドアンドショルダーとかなり似ており、真ん中の谷がそれほど変わらないのが特徴です。
底値で出ている事をしっかり見ておかないと、途中で焦って買いに入る事は避けるようにしてください。

底値と判断できると利益を上げやすいチャートの動きと言えます。
これも、出現率はダブルボトムよりは低いですが、出てくると信頼性は高いと言えます。

ダブルボトム

トリプルボトムより1つ谷が少ないチャートの動きです。
ダブルボトムも底値付近で見られる場合に、信頼できるチャートの動きと言えます。

どの場面でも初心者が見ると「ダブルボトムだ」と勘違いしてしまう事が多く、取引を失敗してしまう場合があります。
底値を見極める事と、ネックラインを超えてからの買いを意識する事が重要と言えます。

チャートの動きには「ダマシ」と言われる、予想と反対の動きが働いてしまうことも、絶対に出てきます。
ダブルボトムやトリプルボトムだと予想して、買いに入っても下降すれば意味はありません。

利益だけを考えずに、ある程度の予想外の動きを頭に入れておく事で、損切りを早めに出すことも出来ます。