FXを勝ち抜くと言い過ぎかもしれませんが、FXで利益を少しでも上げたい場合は、予想を確実なものに近づける必要が出てきます。
株などでは「一番低い底値で買い、高値で売る」と言うのが基本です。
さらに、FXでは売りから入ることが出来る「空売り」もありますので、「高値で売ってから、底値で買い戻す」という形も出来ます。

まずは、天井付近である予想をなるべく出来るようになると、FX取引を有利に運ぶ事が出来ます。
しかし、簡単に「ここが天井だ」と予想出来るとは限りません。
天井とは、これ以上高値を更新しない状態です。

勝手に天井だと決めつけることは無謀ですので、基本的な天井付近で見られるチャートの形を紹介します。

ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダー
1つ目が「ヘッドアンドショルダー」と呼ばれる、天井圏でよく見られるチャートの動きです。
三尊とも言われる形で、両脇の山型よりも真ん中の山型が少し高くなっているのが特徴です。
両脇を肩に見立てて「ショルダー」、真ん中を頭にして「ヘッド」、これにより「ヘッドアンドショルダーと言われます。
2つ目のヘッドに達する段階では、上昇傾向がまだまだ強く伸びているので、少し抜けている状態です。

どの段階で売りに出るサインかと言うと、ヘッドアンドショルダーの谷の部分の安値を結んだラインと、3つ目の山を抜けた下降しているチャートが交わった付近です。

下降トレンドに転じている可能性が高く、今後値を下げていくと予想が出来るからです。
売りポジションをどこまで持って置く目安とされるのが、ヘッドとネックラインを垂直に結んだ距離と、売りサインから下に垂らした処理が同程度になる値を目標値にします。

トリプルトップ

トリプルトップ
トリプルトップは、名前からも想像できると思いますが、3つの山型からなるチャートになります。
上で紹介した「ヘッドアンドショルダー」と同じ様な動きをしているのが分かると思います。

売りのサインもヘッドアンドショルダーと同様に、ネックラインと呼ばれるラインを超えた時から、売りを始めると良いです。
少しでも利益を拡大したいと、ネックラインを超えずに早めに売りを入れてしまうと、予想と反対に反発して上昇していまうこともあります。

天井付近でこの形を見られる場合に、売りをすることで利益を増やす事が出来るようになるでしょう。

ダブルトップ

ダブルトップ
ダブルトップは、トリプルトップなどに比べるとチャートでよく見られる動きと言えます。

売りへのサインはトリプルトップよりは信用性は低いかも知れませんが、天井付近で見られるなら売りを入れることは大変有効です。
間違ってももみ合っている状態なのに、ダブルトップだと勝手に決めつけて売りに入ることは避けてください。

あくまでもここで紹介したチャートの動きは、天井圏での話になります。
焦って売りに入ると損失を増やす可能性が出てきます。
ネックラインを超えてからでも、売りに入ることは遅いことになりません。
しっかり下降すると予想出来るネックラインを重視することも重要です。