トレンド系のDMIは相場の上下の方向性やトレンドの強さが分かりやすく、FX初心者でも覚えると意外と簡単にテクニカル分析として使うことが出来ます。
さらにDMIではトレンドの強さだけでなくて、ラインの動きや傾き方によって売買サインとして判断しやすいと言えます。
簡単な売買サインを読み取る方法として、+DIと-DIのクロスの仕方によって判断する事が出来ます。

  • +DIが-DIを下から上につき抜ける・・・買いエントリー
  • -DIが+DIを下から上につき抜ける・・・売りエントリー

+DIは上方向への力が強い事を表すので、-DIをつき抜けると言う事は、相場は上昇傾向にあると判断出来ます。
似たようなテクニカル指標として、移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスなどがあり、移動平均線を使っている方には分かりやすいかもしれません。

DMIでエントリーする一例

DMIの売買タイミング

DMIでエントリーするポイントは、上でも紹介した通りに+DIと-DIがクロスするポイントになります。
そこで、上の図でエントリーしやすいと思えるポイントを赤丸と青丸で表示しています。
赤丸は+DIが-DIを下から上に抜けている所ですので、買いエントリーを入れるのに良いポイントです。
青丸は-DIが+DIを下から上に抜けているので、売りエントリーを入れる良いポイントになります。

なぜこのポイントが売買するポイントになるかと言うと、ADXの黄ラインも上昇へ向いているからです。
エントリーする時にはトレンドが発生しているのが、大変重要になる項目になります。
ADXはトレンドの強さを表しており、上昇トレンド・下降トレンドに関係なくトレンドが強く発生すれば、急な傾きで上昇をしていきます。
±DIのゴールデンクロスとデッドクロスに合わせて、ADXの上昇が伴うことがエントリーする条件になります。

上の図では±DIがクロスするポイントはいくつかあります。
しかし、ADXが横ばいや傾斜の少ないラインを描いている場合は、トレンドの発生が無かったり弱い場面になります。
特に、ADXが完全に下降しているときは、トレンドの発生は皆無ですので、エントリーは避けることにした方が良いです。

DMIの売買ポイント2
この図の最初の青丸は、±DIがクロスするポイントで大きな値動きはありましたが、ADXは下降しておりトレンドがはっせいしていないことが分かります。
その後の青丸で再度クロスする事になり、ADXも急激な上昇をしていることが分かり、下降トレンドが発生していることが分かります。
2番目の青丸でエントリーするのが、最善のトレード方法になります。

その後の±DIのクロスもありますが、ADXの上昇は緩やかな感じで、弱いトレンドは発生してる状態ほどです。
エントリーする判断は投資家によって様々ですので、なかなか難しいことです。
1つの目安として、ADXの数値が25%以上に上がっている場合は、トレンドとして順張りエントリーしても良いと判断しても良いかもしれません。