RSIをFX取引で参考にされている方は、すでに分かっている方も多いと思いますが、その通貨ペアが「買われすぎ」「売られすぎ」を即座に判断できる指標とされています。
「買われすぎ」の状態なのだから、もうすぐ売られる状態になるので「売りエントリー」しようという流れになります。
これを「逆張り」と言います。
反対も同様で、「売られすぎ」の状態なのだから、買いエントリーを入れようという流れになります。

RSIで買われすぎ、売られすぎを判断する数値は、買われすぎは70%以上で、売られすぎは30%以下の状態を指します。
その数値を参考に、逆張りのトレード手法として使われるFXトレーダーが多いです。

レンジ相場で逆張り

チャート画面を眺めていると大きく分けて、トレンド相場とレンジ相場に分けることが出来ます。
RSIは特に、レンジ相場において十二分に力を発揮してくれる、オシレーター系テクニカル指標となっています。

レンジ相場とは、一定範囲の相場で価格が変動を続けている状態を言います。
片側へのトレンドは発生しておらず、相場が保合(もちあい)状態で、売買エントリーを悩んでしまうFX初心者の方も多いはずです。

レンジ相場のRSI

レンジ相場で参考にするテクニカル指標は様々ありますが、RSIを参考にされる方も多いので、RSIを眺めながら「買われすぎの状態かも?!」や「売られている状態なのかな?」と、70%や30%ラインを越えてくると心理的に思ってしまトレーダーも出てきます。
その流れに同調する形で、売りエントリーや買いエントリーを入れるのが重要になり、RSIを上手くテクニカル指標として、逆張り手法で活用できるようになります。

トレンド発生時にRSIは使うことが出来るのか?

レンジ相場で強い力を発揮するRSIであると分かったと思いますが、反対にトレンド相場では使えないのかと、疑問に思われる方も多いはずです。
はじめに答えを書くと、トレンド相場でRSIのみでは役に立ちにくい場面が多くなります。
特に、強いトレンドが発生している場合は、参考にしにくいテクニカル指標になります。

では、強いトレンドが発生している場面では、どの様にするかというと、移動平均線やボリンジャーバンドなどトレンド系テクニカル指標を合わせて参考にすると、強いトレンド相場でもRSIを活用することが出来ます。

RSIを絶対に使わなければいけないとは言えませんが、トレンド系だけでも心持たない場合で、RSIで信頼度が高くなるとも言えます。
反対も同様です。