FXの代表的な注文方法には「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」などがあります。
すぐにポジションを保有する事が出来る「成行注文」を、初心者の方は利用される事が多いですが、成行注文より「逆指値注文」を有効に使うことで、FX取引を有利に進めていきやすいと言えます。

逆指値注文を分からない方に簡単に説明すると、現在のレートより相場が上昇すれば買いで、相場が下降すれば売りとなる注文方法です。
これは現在のレートより自分にとって、不利なポジションで約定(成立)する注文です。

不利なポジションで約定する事が、なぜ良いのか分かりにくいかもしれません。
しかし、この逆指値注文を使いこなすと、自分にとって許容できる範囲に損失を抑える事が出来る「損切り」や、一方向に進むトレンドに乗ることがしやすい注文方法です。

損切りに使う逆指値注文

初心者の時には、FXで利益を追求することに頭がいっぱいになってしまいますが、利益よりも重要と言えるのが「損失」を最小限に抑えると言うことです。
しかし、ずっと画面を眺めているのは、専業とされている方でしかなかなか難しく、サラリーマンや仕事をされる方ではまず不可能です。

新規注文で買いポジションを保有した後に、決済注文の逆指値注文も出しておくと良いです。
相場は上昇するだろうと予想しても、その通り進むことは、FXを長くされている方でも難しいです。

1ドル=100円の時の買いポジションから、1円下がったところまでは許容出来ると考えていれば、予め1ドル=99円の売り逆指値を出すなどしておきましょう。
万が一、不利な方向に相場が下がっても、逆指値で「損切り(ロスカット)」が実効される事になります。

トレンドに乗る逆指値注文

損失を抑える事が出来ても、やはり利益を出していかないと、FXへの取り組みがダメになってしまいます。
でも、「なかなかチャートの動きが予想出来ない」など、初心者では難しい場面が出てきます。

そこで、一方向に進む傾向が強いトレンドに乗ると、初心者でも利益を拡大しやすいです。
そのトレンドに乗るには、新規注文時に逆指値で買い(売り)のエントリーをしておくと有効です。

買い注文をする前提で書くと、通貨の底値を脱した後や、上昇トレンドながらも上下にもみ合い状態の後など、一気に上昇トレンドに移行するパターンがあります。

そこで、不利なレートで予め逆指値を入れておくことで、相場が上昇し注文を出したレートに到達すると約定するので、そのまま上昇トレンドで利益を拡大しやすいです。

エントリーポイントの予測はしっかりとする

では、上昇トレンドに乗るために逆指値注文を新規注文時で出しますが、いつが良いのか誰でも悩むはずです。
なるべく早めに出して、少しでも利益を多くしたいと思うのが人間の性でしょう。
しかし、上昇トレンドに移行すると予測しても、下降トレンドのもみ合い状態に過ぎず、約定した後に下降方向に進んでしまう事も多いです。

前からのチャートの動きから期待値などを出して、そのラインを越えるところを「エントリーポイント」に設定するなど、利益幅は多少少なくなるかもしれませんが、相場が反発しにくくなってから約定するように、逆指値注文を出すと良いと思います。