指値注文は自分が買いたい価格や売りたい価格を指定し、その指定した価格で取引出来る注文方法になります。
価格を指定しない成行注文では、為替レートの変動があり、スリッページが発生して思わぬ不利な価格で約定してしまう可能性もあります。

指値注文は価格を指定するので、その価格に到達していなければ、注文は約定する事がないので、思わぬ価格で約定する心配はありません。

指値注文の仕組み

指値注文は価格を指定して注文を出すので、もう少し有利な価格になってから注文を約定したい時などに、大変有効な注文方法です。

例えば、1ドル=100.10円の買いレートが表示されていますが、1ドル=100.00円で約定したい時には、その価格で指値注文の買い注文を出しておきます。
価格は上下に変動するので、上昇すれば約定しませんが、希望通りの1ドル=100.00円に到達すると、約定する事になります。

これは売り注文の新規注文でも同様で、1ドル=100.20円に価格が上昇してから、売りポジションを得たい時も、まずは売りエントリーの指値注文を出すことが出来ます。

指値注文の新規・決済注文の例え

指値注文は新規注文だけでなく、決済注文でも利用できる注文方法になります。
ですので、新規注文を指値注文で約定してから、決済注文も指値注文で決済する事が出来ます。

買いの新規注文から入るパターンを解説します。
現在の買いレートが1ドル=100円とします。
100円では約定したくないので、1ドル99円の指値注文をあらかじめ出しておきます。

レートが下がり99円で無事約定する事が出来て、その後レートは上昇しはじめて、1ドル=102円に届きそうですので、102円で売りの指値注文を入れておきます。
無事に102円に届いたので、1ドル=102円で売り注文が約定する事が出来て、はじめの99円から3円の利益を得る事が出来ます。

FXでは売りの新規注文から入る事が出来ます。
同様に1ドル=100円の時に、1ドル=101円になってから売りを約定する指値注文を出しておきます。
その後、価格が下がりはじめたので、1ドル98円で決済する買いの指値注文をいれておきます。

98円までレートが下がると買いの決済注文は約定し、3円の利益を確定する事が出来ます。

指値注文の注意点

自分にとって有利な条件の方向へレートが進む場合に、指値注文を出すことが出来ます。
しかし、レートは自分の予想通り進むとは言い切れませんので、注文で出した価格にならないと、なかなかポジションを保持することが出来ません。
さらに、現在のレートとかけ離れた価格で指値注文を出していると、約定する確立はかなり低くなります。

指値注文は期間を指定することが出来るので、知らない間にその期間が過ぎており、注文が解除されている事になっているかもしれません。

指値注文のまとめ

指値注文は自分が思う価格で約定するので、納得いく取引をすることが出来ます。
しかし、その価格に届かなければ意味も無く、FX取引を思い通りに出来ない可能性も出てきます。
ポジションをまずは保持すると考えると、成行注文やストリーミング注文を活用する事を考えると良いです。