FX取引を始めるには「注文」を出すことで、取引を開始することが出来ます。
FXの注文方法には多くの種類があり、取引される方の状況や考えによって使い分けることで、利益を拡大出来たり損失を最小限に抑える事が出来ます。

注文には売り買いの1つだけの新規注文や決済注文を出す方法もありますが、新規注文と同時に決済注文も出すことが出来る方法もあります。

注文名 注文できる方法 注文の特徴
成行注文 新規注文・決済注文 価格は指定せず、現在のレートで注文を出す
指値注文 新規注文・決済注文 価格を指定して注文を出す
逆指値注文 新規注文・決済注文 値が上がれば買い注文、値が下がれば売り注文
IFD注文 新規注文 新規と決済の注文を同時に出す
OCO注文 新規注文・決済注文 1回の注文で2パターンの新規(決済)注文を出す
IFO注文 新規注文 新規注文と同時に指値と逆指値の決済注文を出す
ストリーミング注文注文 新規注文・決済注文 成行注文に近い指値注文
トレール注文 逆指値注文 レートに合わせて注文価格が自動変動

これだけの注文方法がFXにはあり、状況に応じて使い分けることが出来ます。
どれが1番有効な注文方法と言える訳ではありませんが、まずは新規注文を出すことから、取引が開始するので、一般的な成行注文で始めると良いでしょう。

成行注文ではスリッページが発生してしまうのがイヤな方は、指値・逆指値注文やストリーミング注文を活用されると良いと思います。

闇雲に注文を出さない

FXには様々な注文方法があると紹介しましたが、全ての注文方法が万能で、誰でも利益を出すことが出来るとは限りません。

慣れていないかと言って、全ての取引を自動的に出来るようなIFO注文(新規注文と決済注文の指値と逆指値を出せる)ばかりしていると、チャートの予想をする感覚が養われない可能性もあります。
さらに、なかなか新規注文が約定しない可能性も出てきてしまいます。

さらに、このような方は少ないと思いますが、新規注文を成行注文を出すだけして、あとはチャート次第という放置する事は危険です。

ある程度のところで利益確定する価格で決済注文を入れておくか、損切りラインで逆指値注文を出しておくなど、対策をしておかないと損失が利益よりも大きくなる事が確実になってしまいます。

逆指値注文やOCO注文を決済注文で入れることは、私自身でも大変有効な手段だと思います。