FX口座を開設する際には、申込者のFX口座を開設しても良いかの審査が行われます。
ですが、審査と言ってもかなり厳しいと思われる事はされないのが一般的です。

日本国内在住で年齢20歳以上となっている方なら、簡単に申し込む事が出来ます。
審査にはFX業者によって、少し審査基準も違うので、1つのFX業者の審査に落ちたからと言って、他のFX業者に申し込んでも落ちるとは言えず、審査通過する事はあるので、諦めずに数社申し込む事が重要になります。

職業はアルバイト・主婦でもOK

FX口座の開設には職業を入力することになっています。
しかし、アルバイトや主婦だからと言って、審査に必ず落とされるとは言えません。
学生アルバイトで収入がある程度ある場合や、専業主婦でも自分のお金を使う事が出来る方は、十分に審査に通ることが可能です。

カードローンなどでは、アルバイトは審査にかなり厳しかったり、専業主婦自体の申し込みが出来ないなど、厳しい面があります。

同様に、無職となっている方でもFX口座の開設は可能です。
専業主婦同様に、自己資金がある状態の無職の方に限られてきます。

審査落ちしない為のコツ

カードローンの審査に比べると、FX口座の開設にはそれほど高いハードルの審査が行われないです。
自己破産などされた経験が合る方でも、そういった事は調べる対象になってはいませんので、十分にFX口座を開設する事が出来ます。

  • 資金力がある
  • 投資経験

審査で落ちない為に重要になる項目は「資金力」「投資経験」の2つと言えます。

資金力

年収など定期的な収入があれば尚更良いですが、手持ちにある余剰金がある程度あれば、十分に審査に通る事が可能です。

年収の項目以外に「自己資金」を入力する項目があるので、専業主婦で収入が無くても、自己資金があるとその項目に入力する事になります。

専業主婦がFXで○○万円の利益を出したなど、そういった事例もあるぐらいですから。

投資経験

今までにFX以外の株などの投資経験がある方は、該当する項目を入力する事で、審査が有利に働きます。
この投資経験は重要な項目になります。

初めて投資する初心者の方は、少し不利な状況になってしまうことは事実です。
しかし、投資経験が無くても審査に通る方は多くいます。

FX口座開設のための虚偽はダメ

審査に通ることが不安で、自己資金が無いのに多く記入したりする事はやめましょう。
自己資金が無ければ、審査に通ったとしても十分なFX取引自体出来ません。

FXは絶対に利益が出る投資ではないので、虚偽の報告で痛いしっぺ返しを喰らってしまう事になりますよ。