円安と円高という言葉は、お昼や夜のニュースで聞かれた事が絶対にあると思います。
FXなどをされる前では、それほど意識して聞く事は少ないかもしれませんが、FXをやっていくには覚えておかなければいけない言葉です。

円高と言うのは、円の価値が高くなった事で言われる言葉です。
例えば1ドル=100円の状態だった円の価値が、1ドル=90円や80円と少ない数字になった時にそうなります。
数字が少なくなっていると、円の価値が無くなったように見えますが、それは違います。

1ドルで売られているジュースがあるとします。
1ドル=100円の時にジュースを買おうと思った時は、円としては100円が必要になります。
しかし、円の価値が高くなり1ドル=80円の円高状態の場合は、円としては80円で1ドルのジュースが買える状態になります。
同じ1ドルでも円高に進むと、少ないお金で買うことが出来るという円が強い状態と言えます。

逆に、円安と言うのは円の価値が低くなる事で言われます。
1ドル=100円から120円と数字が増えると、1ドルのジュースを買うのに日本円で120円が必要になります。
多く払わないと同じ商品でも買うことが出来ない状態です。

円高・円安のどっちがいいのか

円高や円安と言われる為替レートは、毎分・毎秒変動しています。
どっちの方向に進めばお得なのか考えることがあると思います。

FXでの円高・円安

FXをやっていく上ではどういった動きが、投資家に利益を上げていくにはお得なのか。
答えとしては、どちらの動きでもFXでは利益を上げていくことが可能です。

外貨預金では通貨を買うことで利益を増やしていくために、数字が大きくなる円安方向に進む事が重要です。
しかし、FXでは通貨を買うことから入る事はもちろん出来ますが、売りから入る事が出来るのも特徴です。
それが、なぜ円高・円安の両方で利益を上げる事に繋がるか分かりますか?

円の数字が低くなる円高では、通常では損になる外貨預金でも、FXの売りでポジションする事で数字がドンドン低くなると、次に買いで決済すると利益になります。
円安傾向でしか取引することが出来ないと思う考えが、FXでは売りを上手く使うことで利益を出すチャンスがあるというメリットがあります。

日常生活での円高・円安

FXだけでなく日常生活している中でも、「円高・円安」は影響を与えてきます。
日本は輸出国家でありながら輸入国家でもあります。

自動車産業なども盛んな日本では、1ドル100円が101円と円安に進むと同じ車を輸出する場合でも、売上がかなり上がりますので企業の利益が大きくなります。
反対に円高では輸出産業の利益が縮小してしまいます。
輸入ではその逆で、円高状態では輸入するのにはお金が多くかかってしまい、店頭に並ぶ価格にも影響が出てきます。
円安に進むと海外から入ってくる商品が安く手に入るので、店頭価格も下がり消費者に優しい感じになります。

日常生活では円高が良い・円安が良いとはなかなか決める事が出来ません。
一方が良くて一方に悪い動きとは言えません。