FXを始めようと思っている方で、このページに来られている方は、まだFXなどの投資に不安があったり、準備されているので安心できる方かもしれません。

FXや全ての投資にはリスクがあることは絶対です。
金融商品でも定期預金などの貯蓄をメインとする商品は、元本割れする危険性はないので、安心して運用できます。

FXには元本を保証することはありませんし、絶対に自己資金を減らすことが許されないのであれば、FXなどの投資は避けて検討される方が良いと思います。

FXにおけるリスクを考えると、「為替相場の変動リスク」「金利の変動リスク」「流動性のリスク」「システムのリスク」などが考えられます。
1つずつ解説していきたいと思います。

1.為替相場の変動リスクとは

FXなどの為替を相手にする投資には、絶対の付き物が相場の変動です。
「それぐらい分かっている」と言われるかもしれませんが、自分が予想している以上の為替の変動が、知らない間に起きてしまうことがあります。

特に、FXは世界情勢の動きに敏感に働く特性があります。
テロや戦争、それ以外にも世界の要人が思いがけない発言で、世界の経済を良からぬ方向に動かしてしまう事もあります。

低いレバレッジなら兎も角、高いレバレッジをされている場合には、この予想以上の為替相場変動で一気に数十万円などの損に動いてしまいます。

FX業者の多くは、投資家のある一定上の損が膨らまないように「マージンコール」での警告や、「ロスカット」という強制的に取引の一部や全てを終了させるシステがあります。

2.金利の変動リスクとは

FXには為替だけの変動で利益を得たりするのではなく、両通貨の金利差でも投資家への利益や損が発生することになります。
この金利差の事を「スワップポイント」と言います。

低金利の通貨で高金利の通貨を買うことで、そこで金利差が出てきて、毎日その金利差を得る事が出来ます。

しかし、このスワップポイントも常に変動している事を、頭に入れておく必要があります。
国々で景気は違いますし、予期しない動きもスワップポイントでありえます。

受け取れると思っていた金利差が、知らず知らす支払わなくてはいけない羽目になることもあるので、注意しましょう。

3.流動性のリスクとは

流動性が高いや低いと言われる事が多くありますが、初めて為替取引をされる方には、あまり馴染みがないかもしれません。

FXは基本的にいつで売買出来る環境はありますが、時間帯や通貨の種類によっては、「流動性が低い」とされる売買がなかなか出来ない時も出てきます。
これが「流動性リスク」と言えます。

一般的にメジャーと言える主要通貨がFXではあり、「米ドル」「ユーロ」「日本円」「スイスフラン」「英ポンド」などがメジャー通貨となります。
メジャー通貨は世界での取引量が多いので、常に買い手がいる状態で、注文が安定して成立しやすい「流動性の高い」ものです。

しかし、マイナー通貨と言われる「豪ドル」「NZドル」「南アフリカランド」では、日本では人気がありますが、世界的に見ると取引量は少なくなり、流動性が低いと言えます。

流動性が低いとどうなるかと言うと、自分が今のポジションで売りたい場合や、新たに買いたい場合に、なかなか取引が成立出来ない状況になりやすいです。
売買の取引が出来たとしても、スプレッドで思っているよりも大きく広がってしまい、良くない取引となってしまうことにもなりかねません。

4.システムのリスクとは

FXの取引はパソコンで行うことが主流で、最近ではスマホからの簡単に取引をしたり、為替の動きを確認出来るようになっています。

ネット環境には不具合が生じてしまう事は、意外と多くあります。
システム障害が起こってしまうと、その間は為替の確認が出来ず、取引も行えない状態に陥ってしまいます。
常に変動している為替ですので、自分に不利な動きを障害中に起こってしまうこともあります。

パソコンやスマホ自体の不具合であれば、自分でも対処できる事はありますが、業者のシステムトラブルなどは待つことしか出来ないこともあります。

FX業者を複数用意したり、損切りをしてしまう「ストップロス注文」をしておくと、思いもよらない損にはならないでしょう。