FXには様々なメリットがあることで、多くの投資家や一般のサラリーマン・主婦なども取引している現状があります。

そのFXのメリットとは何なのでしょうか?
いくつかメリットはあるので、紹介し解説もしていきます。

24時間取引が可能

FXの最大の特徴と言っても過言ではないとは言い切れませんが、取引される方々の状況によっては、この24時間取引が出来るのが良いと思う方は多いと言えます。

株式市場など昼間の取引に限られる事が一般的です。 投資家などでは、昼間の取引でも十分な時間帯と言えますが、サラリーマンの方では仕事の真っ最中と言えます。

FXは日本だけでなく、世界の為替市場を相手に取引が常に行われています。
特にロンドン市場やニューヨーク市場など、世界でも有名な市場が活動的になるのは、日本の時間的に仕事終わりなどの夕方や夜になります。

そこで取引をすることは、利益を拡大できるチャンスが転がっていることになります。

大きなレバレッジ

FX少ない資金で始められると言えるのは、この「レバレッジ」という最大25倍の倍率をかけることが出来るのが理由です。
少ない資金だけでなく、大きな利益を出すことにもレバレッジは重要です。

以前では、個人の方でも50倍や100倍のレバレッジをする事が可能でしたが、現在では法人向けにしか出していないFX会社多いです。

取引などのコストが少ない

取引にはFXだけなく株などでも、取引に関して手数料などのコストが必要になります。
FXでは他の取引に比べて、このコストがかなり低く抑えることが出来ます。

最近ではFXにおける取引手数料は、手数料無料にしているFXが大半になってきました。
手数料にかわるものとして「スプレッド」と言われるものがあり、実質的にスプレッドが手数料と思っていても良いと思います。

そのスプレッド自体がかなり少額に抑えられており、他の取引と比べてもコストは低いです。
業界最狭水準と言われているドル/円のスプレッドは
、0.3銭ほどとなっており、1万通貨の取引を行っても、スプレッドは30円となります。

取引を頻繁に行ったり、大きな取引をする場合など、低いコストで抑えることが出来れば、余計な資金をあまり必要としません。

銘柄に困りにくい

株では様々な業種などがあり、銘柄がかなりの数になります。
その中から、自分が利益につながりそうな銘柄を選んでいく事になります。

FXには銘柄などはなく、世界で流通している通貨のみで取引を行います。
それでも見慣れない通貨などもありますが、初心者の時は馴染み深いドルや知っている通貨同士の取引を選択しておくと良いと思います。

売りから出来る

売りと聞いても分からない方もいると思います。
買ってから売るイメージを抱かれる方も多いですが、売りから始められるのがFXのメリットです。

通貨の価値が下がると予想した場合など、売りから入ることで、あとあと下がってから買いに入ると、そこで利益が生まれる事になります。

Fxの注文方法が豊富

一般的な成行注文・指値注文・逆指値注文ももちろんありますが、初めてされる方には聞き慣れない「OCO注文」「IFO注文」「IFD注文」などもあり、予想の仕方や自分のやり方に合った注文方法がり、利益を出しやすい環境があります。

取引成立がしやすい

自分1人で取引を行っているのではなく、取引相手がいることで通貨の売買が成立していることになります。

その売買が出来ないと買いたくても売りたくても、どうしようにも出来ません。
しかし、FXは世界市場で取引されているので、注文の成立がしやすいと言えます。