FXを始められている方は、かなり多くなってきて来ています。
ですが、これからFXを始められる初心者の方も、まだまだ多く、右も左も分からない状況で始めてしまうと大変な事にもなりかねません。

まず、FXを始める為の条件として、満20歳以上の安定した収入のある方に限られます。
言ってみれば金融商品ですので、収入がなければ始めることは基本的に、無理になります。

FXでする事は?

まずFXですることを簡単に説明すると、日本を含める世界通貨を買ったり売ったりする事です。
FXで売り買いする事は簡単な作業ですが、そこで自分の利益を出していくとなると、これは大変難しいことになります。

ただ単に、1つの通貨を買って売る作業ではなく、ドル/円・ユーロ/円・豪ドル/円など様々な通貨ペアというものがあり、その通貨ペアで売り買いします。

どうやって利益を出すの?

FXで利益を出す方法はいくつか種類がありますが、初心者でも分かりやすい方法は、通貨を買った時の値より上がった時に売る事で、利益を出す方法になります。

FXではその逆の「売り」から入る方法もありますが、
ここでは初心者でも分かりやすい、通貨ペアの買いから入る説明をします。

為替の差で利益を出す

皆さんもテレビなどで、「1ドル=100円」などと見た経験があると思います。
1ドルに対して100円の価値があるという事になります。
この通貨ペアはドル/円となります。
毎日、通貨の価値は変動していますので、知らない間に「1ドル=105円」となっている事があります。

もし1ドル=100円の時に10万円分のドルをかっておくと、1,000ドル持っている事になります。
1ドル=105円になっている時に売りに出すと、同じ1,000ドルでも円になると105,000円となります。
5,000円の利益が出てきた事が分かりますよね。

この方法によってFXで利益を出していくのが、基本的な流れになります。
それ以外にも金利差といわれるスワップポイントや、レバレッジで利益を拡大していく方法もあります。

FXは少ない資金からも始められる

FXの特徴として挙げるなら、それほど多くない資金からでも始めることが可能になっています。
多くの資金がある方が、利益を拡大できる金額もかなり多くなりますが、初心者の場合は、初めから大きな利益を出すことを考えなくて良いと思います。

なぜ少ない資金から始められるのかは、上でも少し出てきましたが、「レバレッジ」というものがキーとなります。
レバレッジとはテコの原理と訳せますが、倍率と考えてもらえると簡単かもしれません。

10万円の証拠金でも10倍のレバレッジをかける事で、100万円の取引が可能となり、少ない資金でも大きな取引が可能になります。

レバレッジは為替の差やスワップポイントにも関わってきますので、利益も10倍など大きくなってきます。