強制ロスカットは自動決済や強制決済などと言われるもので、現在の証拠金維持率が一定基準以下になったときに、投資家の意思とは関係なく強制的にポジションを決済するシステムの事です。
「なんて理不尽なシステムなんだ!!」と思う初心者の方も多いかもしれませんが、このロスカットが無ければレバレッジの高いFXで損失が出る場合には、助かるシステムの1つです。

ロスカットとセットでよく言われる言葉として「マージンコール」というものがありますが、それぞれ特徴があります。
マージンコールも証拠金維持率が一定以下になったときに、通知される警告です。
しかし、マージンコールが来ても追証(追加証拠金)やポジションを決済し、証拠金維持率を回復させると強制的に決済される事はありません。

しかし、ロスカットとなる水準まで証拠金維持率が下がってしまうと、問答無用で決済されることになります。

強制ロスカットが実施される証拠金維持率は、FX業者によって様々で、後から自分でロスカットレベルを変更できるFX業者もあります。
一般的なロスカットレベルは、証拠金維持率が100%~50%の範囲になっている事が多いです。

強制ロスカットで証拠金が守られているとは限らない

ロスカットは投資家の証拠金以上の損失が出ないように、ロスカットされる大変良いシステムです。
しかし、証拠金維持率が50%に達した時に、強制的にロスカットされると、証拠金が絶対に50%残るとは言えません。
FX業者のシステムによって自動的にロスカットされるので、安心な部分もありますが、乱高下している為替レートの場合はそうもいきません。

強制ロスカットされる価格より、かなり離れてしまった価格でロスカットされてしまうことで、証拠金以上の損失となってしまうこともあります。
さらに、レバレッジを最大まで設定されていると、少しの乱高下でも損失額が大きくなってしまうことに繋がります。

レバレッジを高くして大きな利益を得たいと思うのはわかりますが、ロスカットによって思いもよらない価格で決済されてしまうこともあります。
ロスカットを避ける為には、証拠金維持率を常に高く維持する必要があります。
レバレッジで証拠金を少なく出来るメリットはありますが、証拠金維持率の変動が激しくなってしまいます。

ロスカットは損失を最低限に抑える事の出来るメリットはありますが、損失ですべての取引を終えてしまうので、ダメージは大きいものになります。