FXで売買取引を開始するには、口座開設をしてお金を入れないと始めることが出来ません。
その預け入れるお金の事を「証拠金」と言います。
いわゆる、FX業者に担保としてお金を入れることで、FX取引を可能に出来るようになっています。

FX会社にお金を少額でも預けることで、取引が可能になるという訳ではなく、FX会社によったりコースにより、最低限必要な証拠金というものが設定されています。
この事を「必要証拠金」と言うものになります。

必要証拠金を預けないと、FX取引を開始することは出来ないので、絶対に用意しておくことが必要です。

必要証拠金の計算方法

いったい必要証拠金はどれぐらい必要になるか知っていますか?
「100万円の取引をしたいから、必要証拠金も100万円必要か?」と言われると、それも1つの正解と言えます。

なぜ正解かと言うと、FXにはレバレッジというテコの原理のように、少ない資金で大きな取引を可能にするシステムがあります。
レバレッジを1倍にしていると、必要証拠金は取引したそのままの額が必要になります。

現在認められているレバレッジの最大25倍を設定すると、100万円の取引を可能にする必要証拠金は「4万円」で大丈夫となります。

必要証拠金=現在のレート×1万通貨÷レバレッジ
上記の計算方法で、取引したい通貨ペアの現在のレートで、1万通貨の必要証拠金の計算が出来ます。
10万通貨になれば10倍になります。

1ドル=120円の時に1万通貨の取引をしたくて、レバレッジ25倍に設定すると「120円×1万通貨÷25」となり必要証拠金は48,000円となります。
円高の場合に1ドル=90円となっていると、必要証拠金は36,000円に低くなります。

少ない必要証拠金で大損

初めから必要証拠金を少なく始めたいからと言って、最初のうちにレバレッジ25倍で始めるのは、少し無謀な挑戦に成りかねません。

レバレッジを高く設定すると、利益はもちろん損益にもレバレッジを関係してくるので、レートの予想が慣れないうちでは、大損になってしまったりすぐに取引が終わってしまう可能性が出てきます。

最低の必要証拠金は、レバレッジ25倍の時よりは多くなってしまいますが、レバレッジ5倍~10倍ぐらいで取引を開始される方が良いと思います。
資金などFXに対して余裕が出来てくれば、レバレッジを高くしていく感じにされると良いです。

レバレッジ1倍でも外貨預金として預け入れるより、手数料などを比べると大変少なくて済むので、利益を出していきやすい方法かもしれません。