FXを始めるとまずはこの「レバレッジ」という言葉を聞かれる事になると思います。
FXを始める際には、FX業者に証拠金として自分の自己資金を預け入れる事になります。
通常でしたら、その自己資金内でしか取引が出来ないと思う方は多いと思いますが、この「レバレッジ」を設定する事で大きな取引が可能になります。
レバレッジはテコを表す言葉ですので、少ない証拠金で大きな取引を動かすことが出来ると言う意味です。

FXのレバレッジは大きい事が魅力で、それがあるのででFX人気が高いのも1つの理由です。
以前のレバレッジは個人でも100倍や50倍のレバレッジを設定できるようになっていましたが、規制がかけられる事になり、現在では個人のレバレッジは最大25倍までになっています。

レバレッジ25倍でどれぐらいの取引が出来ると思いますか?
自己資金が4万円しか用意できないけど、証拠金4万円でレバレッジ25倍を設定すると、100万円の取引が可能になります。
FX取引で可能な1ロットは、1万通貨が最低としているFX業者が多いです。
1ドル=100円とすると、100万円の取引が可能となると4万円の自己資金でも、十分に取引が出来ます。

これが、少額からでも始められると言われるFXのレバレッジの特徴と言えます。

レバレッジはハイリスク・ハイリターン

少ない資金で大きな取引が出来る夢のようなレバレッジですが、読みを間違ったりして自分に不利な為替レートの動きが起こると、大きな損になってしまいます。
しかし、予想通りに為替レートが動くと大きな利益を生む事が出来るのもレバレッジの特徴です。
1ドル=100円で1万ドル買いに入り、1ドル=105円に上昇した時の利益率を、簡単な表にして比較してみます。

レバレッジの違いによる利益差の比較(1ドル5円上昇)
レバレッジ 証拠金(自己資金) 上昇時の金額 証拠金に対しての利益率
1倍 100万円 105万円 5%
25倍 4万円 125%

1万通貨が最低の1ロットとしているFX業者が多いですが、1ドル=100円の場合では円でドルをロング(買い)する時は、1万ドルで100万円の取引が必要になります。
レバレッジ1倍の場合は、証拠金がそのまま100万円必要になりますが、25倍では4万円で済みます。
それで、円の価値がドルに対して5円上昇したとすると、1万ドルが105万円となります。

レバレッジ1倍では5万円の利益となり、証拠金100万円では純粋に5万円の利益となります。
レバレッジ25倍では同じ5万円の利益になりますが、証拠金は4万円しか投入していなくても、利益率は125%とハイリターンとなります。
大変魅力的な数字になります。

しかし、その逆もある事を忘れてはいけません。
1ドル=95円となると、100万円の自己資金から5万円少なくなるだけの1倍ですが、4万円では5万円の損となります。
大変ハイリスクの数字になります。

ですが、この様に証拠金以下の取引にはなる事はありません。
証拠金維持率というものがあり、証拠金維持率が50%とになると「マージンコール」になったり、さらに下回り証拠金維持率が30%になると強制的な「ロスカット」を実行される事になります。

(証拠金維持率のマージンコールやロスカットは、FX業者によって違いがあります。)