FXで通貨の売買をしていると、不意にチャート画面を起動させると、気づかれる方が多いはずです。
それは、決まった曜日・決まった時間帯で起こるで、前の取引日から次の取引日までに、大きなローソク足に開きがあることになります。
この開きがある現象のことを「窓開け」と言います。
窓を開けたように、ガバッと開きがあることからそう呼ばれるようになりました。
英語では「ギャップ」とも言われますが、言葉自体はそれほど気にされなくても大丈夫ですが、窓開けが起こることによって、FXトレーダーに様々な影響が出てきます。

窓開けが起こる時間と曜日・要因

FXは1日の流れとして、オセアニア・ウェリントン市場からスタートして、アジア・東京市場が途中からオープンし、東京市場終盤で為替市場最大の「ロンドン市場」が開きます。
その後、ロンドン市場の後半から世界の基軸通貨であうアメリカの「ニューヨーク市場」がオープンして、外国為替市場の1日が終わりとなりますが、ニューヨーク市場の終わりにオセアニア市場がまたオープンします。
ですので、FXは24時間取引が出来るようになっています。

しかし、土日となると外国為替市場と言えお休みになりますので、取引停止となってしまいます。
営業日の始めとなる月曜日、日本で早朝となる3時や4時ごろからオセアニア市場がオープンします。
通常なら「金曜日の終値」と「月曜日の始値」は同じところになりますが、ここで大きな差が生じることがあります。
ですので、窓開けが発生する時間帯は「月曜日の早朝」となります。

窓開けは、少なからず毎週のように起こりますが、窓開けの差が大きな時や小さな時と様々です。

なぜ、窓開けが起こるの?

土曜日の朝から月曜日の朝まで、世界的に休日となるため、外国為替市場は停止します。

しかし、世界全てが土日になると休みになるかというと違います。
中東などイスラム圏では、国民の休日となるのは「金曜日」となり、逆に土日は市場がオープンしていることになります。
規模としては、かなり小さな市場と言えますが、少なからず為替の売買が行われていることには、間違いがありません。
さらに、欧州やアメリカでは、個人投資家としては大口となる注文には、対応する業者もあります。

世界規模の為替の取引高として少額な取引になりますが、土日にどこかの国でテロや戦争が起こる「地政学的リスク」があったり、大きな天変地異が起こったり、世界の要人たちの重大な発言があったりと、思いがけないことが起こると、小さな規模の市場と言え、ポジション整理など注文が殺到すると、日本人が取り引きする時間帯には、大きな「窓開け」が起こってしまう事になります。

週末またぎのポジションはリスクあり

世界で頻繁に重大なニュースが発表されることはありませんが、どこで大きな窓が開いてしまうかは、だれも予測が出来ないものです。
FXトレーダーによって、その日の内にポジションを決済される手法の方もいますし、何日も数ヶ月・年単位でポジションを保有される手法の方もいます。

窓開けの方向によって、ポジションしている通貨ペアで利益にもなるし、損失になる2分の1の確率となります。
長年、為替取引をされている方なら、窓開けも折り込み済みで取り引きされている方も多いですが、FX初心者の方や証拠金維持率ギリギリの方では、リスクとなると考えておいた方が良いと言えます。
損失側に窓が大きく開いてしまい、証拠金維持率ギリギリでは「強制ロスカット」になってしまう場合などもあり、危険と隣り合わせと思っても良いかもしれません。

日本のFX会社は7時から取引開始

FX会社のサイトを見ていると、取引時間と書かれている項目があります。
FX会社として有名であるDMM FXGMOクリック証券を始め、殆どのFX会社が月曜日の取引開始時間を「午前7時」からとしています。
しかし、オセアニア市場は早朝4時(夏時間3時)ごろから、取引が開始されることになります。

オセアニア市場は小さな規模の為替市場で、まとまった注文が入ると、相場が急激に変動することがあり、日本人FXトレーダーが取り引きできない時間帯に、大きな動きを見せてしまう場合もあります。

窓開け後は「窓埋め」

お母さんに「扉を開けたら閉める!」と言われたことがあるはずです。
関係ない話をしましたが、相場の流れでも「窓開けの後は、窓埋めが起こりやすい」と言う方が多いです。
窓埋めとは、窓開け方向に動いた逆方向に、窓を閉めるかのように
相場が戻っていく事を言います。

窓埋めは、短期間で発生することもあれば、長い目で発生することもあり、さらに絶対に起こるとは言い切れないのもあります。
土日に起きた事案の内容や、投資家のマインドによって変わります。