市場介入は、それほど頻繁に行われることはありませんが、介入が行われた場合や行われたであろうと予測出来た場合には、ニュースなどで大々的に報じられるので、皆さんも一度や二度は聞かれたことがある言葉だと思います。
何となく意味合いは雰囲気で分かっている方も多いはずですが、どういったものが市場介入なのか、FXや為替相場に興味がないと分からないと思います。

市場介入とは、日本の中央銀行である「日本銀行」が、一般の外国為替市場で外貨取引を実行することを言います。
外国為替市場介入とも言うので「為替介入」とも言ったりしますが、日本の場合は「外国為替平衡操作(がいこくかわせへいこうそうさ)」と言うのが正式名称になります。

市場介入が実施される意味合いは、国が思っている為替相場からかなりかけ離れている為替レートで推移したり、そういったレートに近づく気配がある時に、相場の安定へと導くために行います。
特に日本は、輸出大国ではないと言われることも多くありますが、自動車など輸出に関わる産業に不利な相場や、国内経済に悪影響が出てしまう場合になります。

市場介入で相場は動くが万能ではない

市場介入が日銀によって行われると、為替相場は急激な動きを見せて変動することになります。
その変動幅は、介入するときの注入される規模によりますが、数円程度から10円近く1日から数日間かけて動きを見せます。
数円と言っても、それだけの相場を動かすのには、数百億ドルなど相当な金額を注入しないと、動かない相場になります。

それでも、その後の相場がそのまま続いてくれるとは限らず、反発してある程度戻ってしまったり、元の相場に戻るケースもあります。

アメリカのサブプライムローンからリーマンショック後のアメリカ経済の不安など、様々な理由から安全通貨と言われる「日本円」の買いが急激に進み、その後幾度も市場介入を繰り返しましたが、なかなか為替レートは戻りませんでした。
民主党時代の為替介入は、かなり疑問視されていますね。

自民党政権に戻り様々な政策を発表し、円相場も急激な円安から戻ってきたと言えます。
とは言っても、安倍内閣でも市場介入は実施されているので、いつ行われるかは分かりません。

介入があるとFX取引はオススメできる?

FX取引で利益を拡大していくためには、ある程度の相場の変動があり、その流れをしっかり予測できることが言えます。
円高傾向からの市場介入があれば、急激で大きな相場の上昇がありますが、実際に市場介入が行われる日時をピンポイントで、予測できるのは難しいです。

市場介入がされる噂や口先介入などで、米ドル円を買うこともありますが、その後の反発も警戒しておかないと、逆に損失になる場合もあります。