「まずはポジションを持たないと始まらないよ」など、FXを始められる方に言われる言葉ですが、FX初心者の方にとっては「ポジション」という意味が分からない場合もあります。

ポジションとは、まず始めに通貨ペアを買ったり売ったりしますが、その新規注文が約定(成立)して、通貨や数量を保有していることを言います。
もう少し簡単に言うと、「FXで通貨ペアを売買して、未決済のままの状態」と言えます。

FXでは、だいたいの場合はポジションという言葉をよく目にしますが、ポジション以外にも「建玉」とも言うことがあります。
株をされている方では、建玉の方がなじみ深いかもしれませんが、株を保有するのを「玉(ぎょく)」と言うので、FXでも建玉と言われることもあります。
建玉は、「たてだま」と呼びそうになりますが、「たてぎょく」と言います。

買いポジションと売りポジション

通貨を保有することを「ポジションを持つ」などと言いますが、その通貨をどの様にして注文を出すかでも変わってきます。

新規注文時に買い注文を出してポジションするのを「買いポジション」と言います。
反対に、新規注文で売り注文を出してポジションするのを「売りポジション」と言います。
買い注文のことを「ロング」と言い、売り注文のことを「ショート」とも言うので、ロングポジションやショートポジションとも言われます。

ポジションの後は決済

新規注文が約定すると、ポジションを持つことになりますが、このままの状態では為替相場がどう動こうとも、損益は確定していない状態です。
ドル/円の買いポジションを持っていて、相場がどんどん上昇傾向にあるからと言って、気分だけ喜んでいても、決済をしておらず相場がどんどん下がれば、含み損へ流れていきます。

含み損が膨れていっても、「その内、相場は上がるはずだから、ポジションしておこう」と思う方も多いはずです。
FX初心者の方など、必要証拠金ギリギリでFXを始められる方が多いです。
含み益が出ていたり、利益確定を積み上げて証拠金維持率が高ければ良いですが、ギリギリの方では、少しの含み益が出た状態で、FX会社のシステムにより「強制決算」が行われてしまうこともあります。

早めに自ら決済をして、その後の相場の上昇など、自分に有利な相場の動きに合わせて注文を出せる状態にする方が良いです。

ポジションと決済は1セットですので、ポジションを保有したなら、自分が一番納得できる決済を行うことが重要になります。