皆さんは日本円以外で通貨と言われると、何を思い浮かべますか?
私の場合はアメリカドルを思い浮かべるのですが、皆さんはどうでしょう。

世界的に見ても米ドルの取引量は秀でており、外国為替市場全体の取引でアメリカドルが絡む取引は約85%ほどになっています。
通貨の取引は2つの通貨が必要になるので、全体は200%で表されるのでアメリカドルの85%は約半分の割合を占めていることになります。
世界三大通貨の2つ目「ユーロ」では約39%で、3つ目は日本円の19%の割合になるので、アメリカドルは群を抜いていることがわかります。

ですので、為替市場を利用する投資家の目はアメリカに向いており、アメリカの経済指標の1つ「雇用統計」などが発表されると、為替相場の変動が激しくなったりします。

世界で取引量の多い通貨ペア

これは紹介するまでもなく分かると思いますが、「ユーロ/米ドル」の通貨ペアがFXで一番取引される通貨ペアになります。
世界で取引される通貨ペアの25%~30%ほどが、ユーロ/米ドルが占めています。
その次に多い取引は「米ドル/円」となり、割合は全体の15%前後で日本円の取引量が多い事が分かると思います。
その後は米ドルが絡む取引が4つほど続く事になります。

日本で取引量が多い通貨ペア

日本で取引量が多い通貨は、やはり日本円が絡む通貨ペアが上位を占める事になります。
1番多いのはやはり「米ドル/円」です。
世界の中心であるアメリカの通貨と、馴染みのある日本円ですので、この結果になる事はわかります。

ですが、米ドル/円が日本の店頭FXの取引量のどれぐらいを占めるか知っていますか?
2016年3月の店頭FXの取引金額全体で439兆円となり、ビックリするほどのお金です。
その中で米ドル/円の取引額は「297兆円」となり、約67%以上の割合を占めています。
80%以上にある月もあり、他の通貨ペアの取引量とはかけ離れている数字になります。

2016年3月店頭FX通貨ペア別ランキング15
順位 通貨ペア 取引額
1 米ドル/円 297兆7666億円
2 豪ドル/円 40兆8632億円
3 ポンド/円 37兆4052億円
4 ユーロ/米ドル 29兆4401億円
5 ユーロ/円 18兆3839億円
6 NZドル/円 4兆3833億円
7 ポンド/米ドル 2兆5383億円
8 豪ドル/米ドル 2兆5383億円
9 ユーロ/豪ドル 1兆3023億円
10 加ドル/円 6448億円
11 ポンド/豪ドル 6404億円
12 南アランド/円 3692億円
13 NZドル/米ドル 3366億円
14 ユーロ/ポンド 2587億円
15 米ドル/加ドル 2357億円

これだけ日本人トレーダーに人気なのは「米ドル/円」という事がハッキリ分かります。
2位~5位の通貨ペアは、取引金額が均衡しているので、その時の為替状況などで前後が激しく入れ替わることが多いです。