世界には数多くの通貨が存在しますが、全てのFX会社が同じ通貨を扱っているわけではありません。
そして、FX取引をする場合には通貨ペアを選択することになりますが、この通貨ペアもFX会社によって扱っているペア数に、かなりの違いがあります。

多くのFX会社が扱っている通貨ペア数は「20前後」になっていますが、マネーパートナーズは以前は8種類の通貨ペアしか扱っていませんでした。
しかし、2016年5月現在では18種類に増えています。
ですので、通貨ペア数はFX会社で増えていく場合もあります。

米ドル・ユーロ・円と主要な通貨は、各FX会社でも取り扱っていることが一般的で、メジャー通貨のみで大丈夫という方は、あまりFX会社を選ばなくても取引出来るはずです。

通貨ペア数が元から多いFX会社は「ヒロセ通商」「OANDA」「IG証券」などが有名です。
3つのFX会社は取り扱っている通貨ペアが50種類以上となり、他のFX会社と比べるとかなり多く取り扱っているのが分かります。
ですので、他では見られない通貨自体を扱っていることが多く、マイナー通貨でFX取引をしたい場合は、FX会社を事前に調べておく必要があります。

主な通貨:メジャー通貨からマイナー通貨まで

通貨コード 通貨
USD 米ドル アメリカ
EUR ユーロ ユーロ圏
JPY 日本
GBP ポンド イギリス
AUD 豪ドル オーストラリア
NZD NZドル ニュージーランド
CAD 加ドル カナダ
ZAR 南アフリカランド 南アフリカ
CHF スイスフラン スイス
DDK クローネ デンマーク
NOK クローネ ノルウェー
SEK スウェーデン クローナ
HKD 香港ドル 香港
SGD シンガポールドル シンガポール
HUF フォリント ハンガリー
CZK コルナ チェコ
PLN ズロチ ポーランド
MXN ペソ メキシコ
TRY リラ トルコ
SAR リヤル サウジアラビア
THB バーツ タイ
INR ルピー インド
CNY 人民元 中国
KRW ウォン 韓国

これだけ見てもかなりの通貨がある事が分かると思いますが、主要通貨のみに限られているFX会社も多いです。
逆に外資系のFX会社では、日本のFX会社にはない通貨ペアを扱っていることが多いです。

さらに、多くの通貨を扱っているからといって、すべての組み合わせを扱っているとは限りません。
特に、マイナー通貨同士の通貨ペアはなかなか取引量も少なくなるので、扱っているFX会社を探すのも一苦労になる可能性もあります。
世界三大通貨の「米ドル」「ユーロ」「円」は必ずと言って良いほど、どこのFX会社で扱われているので、その3つの通貨が絡む通貨ペアは苦労せずにFX取引出来ます。