FXを初めてされる方には、不慣れな事が幾度となく訪れるので、混乱される方も多いようです。
チャート分析などの技術的な事を除くと、初めに慣れておく必要があるのが、通貨の英語表記への対応です。

日本で取引される場合でも、全ての通貨の表記が日本語ではなく、3文字で表されている「通貨コード」になっていることが、どこのFX会社でも一般的になっています。
通貨コードは、ISOで決められている事ですので、世界中どこでも同じ3文字のアルファベットによる通貨を表すようになっています。

3文字表記の最初の2文字が国の名前を表していて、最後の1文字が通貨の頭文字を表しています。

FXで取り扱われている通貨の種類

どこのFX会社でも、全ての通貨を取り扱っているとは限らず、取り扱いされていない通貨もあります。
主要な通貨はほとんどの場合は心配することはありませんが、私たちが身近に感じる中国の人民元や韓国ウォンは、かなり限られたFX会社でしか取り扱っていない状況です。
人民元は為替市場が政府に管理されている事や、ウォンの世界的に見て、流通量の少なさが原因となっているからでしょう。

そこで、FXで取り扱われている代表的な通貨が、どのようなものがあるか紹介します。

通貨コード 通貨 国名
JPY 日本
USD ドル アメリカ
EUR ユーロ ユーロ圏
GBP ポンド イギリス
AUD 豪ドル オーストラリア
NZD NDドル ニュージーランド
CHF スイスフラン スイス
CAD カナダドル カナダ
ZAR ランド 南アフリカ
HKD 香港ドル 香港
SGD シンガポールドル シンガポール
NOK ノルウェークローネ ノルウェー
DKK デンマーククローネ デンマーク
KRW ウォン 韓国
CNY 人民元 中国
TRY トルコリラ トルコ
PLN ズロチ ポーランド
CZK コルナ チェコ

聞いたことや見たことがある通貨があると思いますが、初めて見た通貨コードもあると思います。
同じドルでも、アメリカやオーストラリアやニュージーランドなどがあり、通貨としては全く別物になります。

2つの通貨をペアとして取り引きする

上で紹介し各国々の通貨がありますが、これをFX取り引きするとなると、「どこの通貨でどこの通貨を買う(売る)」かと言うことになります。
この2つの通貨を合わせる事を「通貨ペア」と言い、それにより売買を始める事になります。

例えば、FXをされていない方でも見たことがあると思われるのが「USD/JPY」の通貨ペアです。
この通貨ペアの場合は、アメリカドルを円で「買う」か「売る」かという取引を表している事になります。

では、「逆のJPY/USDはアメリカドルで円を売買する意味なの?」と考える方もいるかもしれませんが、このような通貨ペアはありません。