「カナダの印象は?」と聞かれると、アメリカの上にある国など、あまり印象にないと思う方が多く、大国であるアメリカの陰に隠れてしまいそうな国ですが、カナダも十二分に大きな国です。
さらに、アメリカと陸続きで隣国であり、アメリカ経済と切っても切り離せない面があります。

カナダは、日本語で「加奈陀」と書かれるため、カナダドルのことを「加ドル」と、日本では略されて書かれることが多いです。
FXの通貨コードでは「CAD」となり、カナダドル/円は「CAD/JPY」となります。

カナダは先進国でありながら、ウランや原油や天然ガスなど天然資源産出国としても有名な国になっています。
しかし、資源国でありながら、それ以外の産業も発展しており、経済も他の資源国より安定感は抜群で、安定通貨としてリスクを嫌う投資家からは人気の通貨になっています。

カナダドル/円の特徴

資源国通貨であり安定性が高いカナダドルと円の通貨ペアの特徴は、どのようなものか解説していきます。

相場の動き

カナダはアメリカと隣国であり、最大の輸出先の国となっており、輸出量の5分の4はアメリカとなっており、アメリカ経済に依存していると傾向にあります。
アメリカ経済が好調で「米ドル/円」が上昇相場になると、カナダドル/円も連動する形で上昇相場になる傾向があります。
逆も同様の動きをする場合が多く、アメリカとの関係は密となっていると言えます。

あと、カナダの雇用統計などの経済指標は、アメリカと同じ時刻に発表されるので、カナダだけで判断出来ないものとなります。

あと、相場の動きに影響を与えるものとして、コモディティ価格と言われる「先物取引」の価格に連動した動きを見せやすいです。
コモディティは、エネルギー類・貴金属類・農産物類など様々あり、その中でもエネルギー類の「原油価格」に大変結びつきが強く、特にWTI「ウェスト・テキサス・インターミディエイト」の原油価格に連動していると言えます。

米ドル/円と同様の動きを見せやすいですが、取引量自体は大変少ない通貨ペアですので、変動幅は比較的大きく、さらに経済情報量も少ないですので、相場自体の読みは難しい面があり、FX初心者には難しいかもしれない通貨ペアと言えます。

スプレッド

カナダドル/円のスプレッドは、業界最小水準スプレッドで有名な、DMMFXやGMOクリック証券では原則固定1.7銭となっていますが、他のFX会社ではもっと広いスプレッドとなっている場合が多く、カナダドル/円を取引したい場合は、しっかりスプレッドを確認してからにしましょう。

スワップポイント

資源国通貨は高金利通貨と認識される方が多いですが、カナダドルは豪ドルのように高金利通貨となっていません。
ですので、カナダドル/円でスワップポイントを狙った取引は、かなり難しいと言えます。
メインとして、為替差益を狙う取引となります。