FXで利益を出していく事を考えていても、どうすれば自分に利益を生むように予想して行けば良いのか分かりますか?
FXに限らず為替の動きを予想するには、チャートをしっかり読むことが出来るようにならないと難しいです。

チャートの見方

このチャートは為替ドットコムの米ドル/円為替チャートになります。
パッと見ただけでは、初心者の方ではチンプンカンプンに見えるチャートですが、要点をつかむことが出来れば、ある程度の為替チャートの動きや予想が立てることが出来ます。
この為替チャートで見えている赤と青の棒は「ローソク足」と言われるものが、いくつも集まって作られています。
全体を見ると分かりににくいですが、このローソク足の意味を覚える事で、チャートの見方が簡単になります。

ローソク足の基本

ローソク足

ローソク足は「陽線」と「陰線」と言われている2種類の棒で表されます。
さらに、その時間の始めの数字を「始値」、最終の数字を「終値」となります。
始値より終値の方が高い状態であれば陽線となり、始値より終値の方が低い状態なら陰線となります。

太い棒の上下に細い棒状がありますが、これを「ヒゲ」と呼ばれる重要な線になり、上の棒を「上ヒゲ」で下の棒を「下ヒゲ」と言います。
始値と終値の間の時間で、一番高い数字を出した高値を上ヒゲで表し、一番低い数字である安値を下ヒゲで表します。

ローソク足一本で表す時間は、チャートを見ていると1分足や5分足などあり、それ以外にも日足・週足・月足と様々なローソク足があります。
5分足なら5分間の数字の変化となり、月足なら1ヶ月間の数字の変化を1本のローソク足で表すことになります。

大陽線と大陰線と言われるローソク足

ローソク足にはヒゲが絶対にあるというわけではなく、太い線だけでヒゲが上下に全くないローソク足やヒゲが片方だけにあり大変ひげが短いローソク足があります。
それは陽線・陰線問わず両方で言えることです。
そういったローソク足の事を、大陽線と大陰線と言われます。

大陽線や大陰線が見られるチャートでは、買いや売りの片方に優勢に働いている状態に近い事が予想出来やすいです。

陽・陰の丸坊主

大陽線や大陰線の中で、全くヒゲのないものを「丸坊主」と言われるローソク足があります。
陽の丸坊主では、始値より低い数字を一度も出すことなく高値も最終的な終値となるローソク足で、常に上昇し続けているものです。
その間で上下はしていますが、常に値を上げており大変買い優勢の傾向と言えるでしょう。

反対に陰の丸坊主は始値から常に値を下げて、最終的に安値が終値になる事を言います。
大変弱気というチャートで今後も下降し続ける予想がしやすいと言えます。

大引坊主と寄り付き坊主

丸坊主では陽ではかなり強気な傾向で陰ではかなり弱気な傾向が、目に見える状態です。
しかし、殆ど丸坊主の状態に見えるローソク足でも、少し上下の片方にヒゲがあるローソク足があります。
それを「大引け坊主」「寄り付き坊主」と言うローソク足があります。
両方ともチャートの動きとしては、偏りがある動きですが少しだけ値動きに変化が見えてくるかもしれないローソク足です。

陽の寄り付き坊主は、始値から上昇傾向で値は上がっていきますが、終値として高値よりは少し低くなり、上にヒゲが出来たものです。
殆ど太い棒ですのでかなり上昇傾向ですので、買いの傾向で進んでも良いかも知れませんが、値を下げる傾向も見えてきているとも言えます。
反対に陰の寄り付け坊主は、値をドンドン下げている状態で売り傾向と言えます。
しかし、安値より終値は高い状態ですので、チャートの底値と予想できる場合は買いに入っても良いかもしれないと言えます。

陽の大引き坊主は下にヒゲがある大陽線で、始値より低い安値を出す時もありますが、高値が最終的な終値となり上昇傾向が強い状態と言えます。
陽の寄り付け坊主より今後も値を上げていく予想がしやすいといえる可能性が高いです。
反対に、陰の大引け坊主は上にヒゲがある大陰線で、始値より高値を出しますが常に下降傾向で、終値も安値となり売りがかなり優勢な状態と言えます。
陰の寄り付け坊主よりも弱気と言える状態と予想が出来ます。