FXのチャートを見ていると、よく見られる事と言えば上下に為替チャートが動いていると思います。
キレイに真っ直ぐ上昇や下降をしているチャートはありません。

売買の取引がもみ合っている状態の事を「保ち合い」と言います。
チャートを見ていると、この保ち合いの状況はよくみることになるはずです。
例えば上昇トレンドのものが、もみ合いの状況を抜けると、そのまま継続して上昇する場合や、反転して下降してしまうこともあります。

このもみ合いの状況を読むことが出来れば、FX取引を上手く切り抜けていくチャンスと言えます。

保ち合いで見られる形は「ペナント」「フラッグ」「レクタングル」「ウェッジ」などがあり、トレンドラインと言われる上ラインと下ラインを結んで出来た形から、様々な呼び方に変わります。

ペナント

ペナント
ペナントは、高値ラインと安値ラインを結んで出来る、三角形の形で出来た為替チャートの事を言います。
三角保ち合いとも呼ばれ、上下を繰り返し徐々に細くなっていきます。
徐々に細くなっていく先には、この為替がどちらの方向に抜けていくかが重要です。

上下しているチャート後には、急上昇や急下降する事もあるので、注意してみる必要があります。

アセンディング・トライアングル

アセンディング・トライアングル
ペナントの1つとして「アセンディング・トライアングル」と言われる形のチャートがあります。
上昇トレンドの途中で見られ、高値ラインは平行で進んでいますが、安値ラインはドンドン切り上がっていく状態で、上昇傾向が強いと言える動きです。

なかなか高値を抜け出せない弱いラインに見えますが、安値ラインが徐々に上がっているので、上昇しやすいと予想が出来ます。

ディセンディング・トライアングル

ディセンディング・トライアングル
アセンディング・トライアングルと逆で、下降トレンドの途中で見られるペナントです。
安値ラインは並行に進み、高値ラインが徐々に低くなっていくので、下降傾向が強いと言えます。

下げ止まりするように見えますが、これもドンドン高値ラインが切り崩されているので、そのまま下降線を辿ると予想出来ます。

ボックス(レクタングル)

ボックス
為替チャートの高値ラインと、底値ラインが平行に近い感じで進んでいく事を「ボックス」「レクタングル」と言われる形になります。
そのラインを引いた形が長方形のように見えるので、ボックスと言われるのでしょう。

上昇トレンド下降トレンド共に、トレンドの最中にこのボックスが現れる事が多く、トレンドの一時的な休止と言えます。

ボックスを抜けると、再度トレンドを継続する傾向が強いと言えます。
しかし、これはトレンドの最中に起こる場合で言えることで、天井圏や底値圏でこのような動きをすれば、「トリプルトップ」「トリプルボトム」のように反転したトレンドに変わる事になります。

フラッグ

フラッグ
フラッグはボックスと同じように、高値ラインと底値ラインが平行に進む事によって、旗の形が形成され「フラッグ」と呼ばれます。
しかし、ボックスと違うのは上昇トレンドでは下落方向、下降トレンドでは上昇方向に進んでいる点です。

その理由として、フラッグが形成される前には急騰や急落のチャートの動きが見られるのが特徴です。
急激な値動きへの反発として、逆方向への急速としてフラッグを形成する事になります。

その後は、トレンド傾向は強いの上昇トレンドは上昇し、下降トレンドは下降する方向へ戻ることになります。

ウェッジ

ウェッジ
保ち合いで判断が難しいとされるのがフラッグと「ウェッジ」です。
ウェッジもフラッグ同様に、現在進んでいるトレンドの逆方向に一時値動きが働きます。
ウェッジも急激な値動きの直後に発生する事が大半で、その後は進行しているトレンド方向に戻ることが通常です。

フラッグやウェッジの天井で売りエントリーをして、その後は下降傾向に進み安心していると、知らない間に上昇傾向に戻っており、損失に繋がっている事もあります。

その場合は形を形成するのが終わる頃に決済する事で、解決出来ますので注意してください。